« 漁師はサラリーマンになれるか | トップページ

2011年7月 6日 (水)

原子力発電所のストレステストは妥当な措置

原子力発電所にストレステストを実施するという。妥当な措置だと思う。

本来、安全指針の改訂をやってから、その上で運転再開をするのが望ましいが、電力不足に対処するため急ぐなら、少なくともすでに外国で実施している安全措置は日本でも実施したほうがいい。

今福島以外の原子力発電所で同じようなメルトダウンが発生すると、日本は国家として成り立たないほどのダメージを受けるだろう。

海江田経済産業省は「国が責任を持って」と言っているが、福島の様子を見れば、これは空手形だ。 国が責任を持てる、技術力、資金力、法律上の指揮命令権があるというのなら、福島の事故を早急に処理して見せるがいい。 

日本の国家としての存亡がかかっている問題を、玄海町の町長がリードするかのような状態を作ろうとしていたのも問題だった。

ストレステストは、日本が少し正気にもどった兆候というべきものだ。

« 漁師はサラリーマンになれるか | トップページ

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原子力発電所のストレステストは妥当な措置:

« 漁師はサラリーマンになれるか | トップページ